FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇

◯始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇
著:王雀孫 著:えれっと
ダッシュエックス文庫


あらすじ
高校へ進学した有田雁弥はいつものように妹の鞠弥と登校していると、痛々しい厨二病言動をまき散らす、新田菊華と出会う。
どこを気に入られたのか、雁弥は菊華が所属する喜劇部(仮)へと入部させられ、脚本を書くように命じられる――。


始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇


感想
特に話が進んだ気がしなかった1巻。
あとがきにも書いていたが、結局どんな話なの?という感覚を楽しむ喜劇ということで、まさに結局どんな話なの?って感じだった。
会話文のノリとテンションは凄まじく面白かったが、エキセントリックすぎて読みづらくはあった。あと地の文もガッツリ一人称だから常に余計にややこしい。なんというかライター出身らしいというか(偏見
ぶっ飛んだ奴多すぎな、その分キャラたちは魅力的になって来そうで期待できる。
菊華がスカート覗かれそうになった時の反応可愛すぎる。
なんか色々こじれそうで楽しみだが、まだまだこれからといったところかな。
次巻も期待。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。

◯親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。
著:野村美月 イラスト:河下水希
ダッシュエックス文庫

あらすじ
「弘凪!オレ、彼女ができた」親友の相羽遙平から打ち明けられた、高校一年生の向井弘凪。女の子にモテまくっても、特定の彼女を作らなかった遥平が誰かとつきあうのは、あまりに意外だった。遥平が彼女を作らないのは、中学生二年生のときのあの事件のせいではないかと、弘凪は責任を感じていた。そして、弘凪自身も女の子に好意を持つのを避けてきた。ちょうど弘凪には気になる女の子がいた。通学電車でよく出会うスケッチブックを抱えた名前も知らない女の子。遥平に彼女ができたらなと、弘凪はその子に勇気を出して話しかけてみようとするが―。


親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。


感想
タイトルから漂うドロドロ感ったらない。
思っていたよりドロドロ感はなかった。結末からいくと納得なんだが、遥平と古都の絡みが少なく古都と弘凪の交流を通じて弘凪が一人で思い悩むって感じだったからかな。
でも、この胸が締め付けられるような感覚が素晴らしい。
控えめに言っても遥平はただのクズ。なんで最後許されたみたいになってんだ、と言うのは主人公目線すぎだろうか。遥平も強引だったとはいえ古都と付き合ってるんだしな。それに手を出したのは弘凪な訳だし。
個人的には最後殴りあってスッキリみたいなのは気に入らないが、面白かった。
単巻で綺麗に纏まっていたし、心理描写がすごくいい。
古都すげえ可愛いんだよな。この小悪魔的というか無自覚に出る魅力が魔性すぎる。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

放課後アポカリプス

◯放課後アポカリプス
著:杉井光イラスト:るろお
ダッシュエックス文庫


あらすじ
毎週水曜の放課後、天使が僕らを喰いに来る。
クラスでのけ者にされ、授業を休んでばかりだった僕は、久しぶりに顔を出した
ホームルームの直後、あの『ゲーム』に巻き込まれた。全校生徒ごと荒野の
真ん中に転送された校舎。与えられた破壊兵器と、異常に強力な肉体。
そこに襲来する異形の敵生物《天使》。全滅させなければ日常に戻れない
死のゲームが、週に一度僕らを引きずり込んで繰り返される。
1年B組の司令官〈コマンダー〉となってしまった僕は、普段は僕を虫けら扱いする
クラスメイトたちを率い、生き残るため、そしてこの謎だらけの『ゲーム』の目的と
正体を暴くため、絶望的な戦いを始める――
極限の戦場を駆け抜けるサバイバルゲーム小説シリーズ、開幕!


放課後アポカリプス


感想
デスゲームもの。
かなりえげつない。というかただ死んでいくだけじゃなく、記憶から消えていき存在がゆっくりとなくなっていったり、司令官のみ覚えてられたりと、ガッツリ精神を削っていくところは流石としか。
不安を煽る感じがすごい。絶望感の演出が最高。
大松のクズさがもはや清々しいレベル。
美咲がなんとなくっぽいヒロインだなと、可愛い。個人的にはくるみがかなり好き。
世界観がすげえいい。最後のでんでん返しがすごく上手い。全てひっくり返された。
さらに引きで気になる緋色の正体や天使の正体など。
次巻もめちゃくちゃ楽しみ。
ダッシュエックス文庫創刊の面子では一番おもしろかった。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

ファング・オブ・アンダードッグ

◯ファング・オブ・アンダードッグ
著:アサウラ イラスト:晩杯あきら
ダッシュエックス文庫


あらすじ
負け犬にも、牙はある。
『陣』とは、この世の全てを操る命令である。それは、かつて存在した日本という国が作り出し、
世界を破壊し尽くした技術であり、「漢字」を体に入れ、組み合わせることで様々な力を発揮するものだ。
しかしながら、人々は一度世界を滅ぼした技術である陣を警戒しそれを利用する者たち――
陣士を敵視し、暗殺の対象としていた。 それらを理解してもなお、陣士を目指す少年アルク。
その心には、剣豪一族・府津羅の末裔である自分自身と、最強の剣士である兄との決別があった。
そして相方・ユニと共に陣士選抜トーナメントに挑むことになったアルクの前に立ちはだかった者とは…! ?
若きアンダードッグが牙を剥く! ! 和風無頼派バトルアクション!


ファング・オブ・アンダードッグ


感想
泥臭い和風バトルもの。
兄によってひたすら無様だ負け犬だと言われ、自分を卑下するアルクは兄の呪縛から抜け出るべく陣士を目指す。
だが結局陣士を目指すのも兄を見返すため、そして陣士になる前には実家に戻る始末。
兄の不器用な愛もそうだがアルクもかなりブラコンだよね、こいつらなんなのw
キャラが濃い奴ら多くていいな。すげえ魅力的。
ユニは結局狐耳女の子なのかどうなのか!? 女の子であって下さいなんでもしますから!
アルクの危なげな雰囲気というか、ここぞという時の爆発力というかそこら辺が非常に面白い。
陣という漢字を使った戦闘システムも面白い。元々ゲームのネタということだけあって戦略性があって良い。
女の子も結構居たはずなのに男臭い印象。
次巻から旅ものになっていくということで楽しみ。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

はてな☆イリュージョン

◯はてな☆イリュージョン
著:松智洋 イラスト:矢吹健太朗
ダッシュエックス文庫

あらすじ
他人のもので盗んでいいのは、たったひとつだけ
中学一年生になったばかりの不知火真は、両親の知り合いの、世界的に有名な奇術師・星里衛に弟子入りするため上京する。
子供の時に、星里衛・メイヴ夫婦のショーを見てから、真はずっと奇術師に憧れてきた。
夫婦の娘・果菜(あだ名:はてな)とは幼なじみ。
東京では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。
幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられはてなとの再会を果たした真。
はてなも大歓迎だったが、真と話がかみ合わず、ついにはーー!?
ラノベ界最大のイリュージョン開幕!!


はてな☆イリュージョン


感想
マジシャンものと言うよりは、怪盗もの。
弟子入りするため、勘違いから家から追い出そうとしてくるはてなに上手いこと認めてもらおうと真が奔走する話。
矢吹さんのイラストもあリキャラが凄く可愛い。そしてイラストと文章の息もぴったりで素晴らしい。
見事に見開き挿絵では乳首きましたね。最高です。
はてな可愛い。髪くくってる時のはてなぐうかわ。
物語としては緩めだけど、怪盗ものということでそこら辺とのバランスが今後どうなってくるかかな。
女の子と同居、共学になったばかりで女の子ばっかりの学校、ヒロインの秘密を知る。と素晴らしくラブコメらしい。
安定した面白さがあった。




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

かいむ

Author:かいむ
ライトノベルを読むことが生きがいの大学生。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メータ
晦夢さんの読書メーター 晦夢の最近読んだ本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。