FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界管理人・久藤幸太郎

◯異世界管理人・久藤幸太郎
著:鈴木鈴 イラスト:とよた瑣織
電撃文庫


あらすじ
各部屋が異世界の12の国々に繋がる謎のアパート・あけぼの荘。その大家の仕事は、建物の管理と、住人同士の争いの調停―つまり国家間問題の解決だった。
失敗すれば戦争勃発のこの大任に就いたのは、高校生の少年・久藤幸太郎。ドアを開ければ竜がいたり、異国の姫がお茶しにきたりする不可思議な環境に驚きながらも、彼は切れる頭脳と“ある特技”を駆使し管理業務を遂行する。
果たして今回彼が解決することになる『国同士の問題』とは―?
“異世界アパート”管理人の活躍を描いた冒険&ファンタジースペクタクル!


異世界管理人・久藤幸太郎


感想
異世界の国同士の問題の調停をするという特殊な異世界もの。
政治的なごたごたが面倒くさくていい感じ。
異世界への行き来によって、向こうへ行った時の楽しさと、こっちに異世界人が来た時の反応両方楽しめるのもいい。
スフレが真っ直ぐですげえ可愛い。
パルメーニャがなんかすげえ好き。いいキャラしてんな。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

モブ恋

◯モブ恋
著:志村一矢 イラスト:ぎん太
電撃文庫

あらすじ
モブ子よ、俺がおまえをヒロインにしてやる!
かつてない恋愛戦略ストーリー登場!!
俺の周囲には、ギャルゲ時空が存在する。
幼馴染の同級生、才色兼備の委員長、美人で巨乳(しかも超能力者)の先輩など、魅力的な女子たちが、一人の男子を中心にそれぞれのストーリーを展開している。
が、残念なことに、このギャルゲ時空の中心点・発生源は俺ではない。それは俺の親友、渡会秋兎で、俺は「主人公の男友達」ポジション。
そしてここに、秋兎に想いを寄せる、実に地味な少女がいることを俺は知り……。
これは、モブキャラな俺たちが下剋上を目指す、恋愛戦略ドラマなのだ。


モブ恋


感想
好きな人をそれぞれ知り協力しあうパターンの少し変則系。
基本的にはそのパターンだが、モブ子が好きなのはギャルゲ主人公のようにモテまくる奴という。
障害となるヒロインたちが多くいる中、地味なモブ子をどうアピールするかという。まあ今巻はそれはそこまで行われずのプロローグといった色も強かった様に感じた。
モブ子普通に可愛いよ!!
結構青春してたし良かった。
主人公がイケメンなのに思考が完全にモテないやつで(実際モテない様だが)よろしい。
これは次巻以降にも期待できる。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

王手桂香取り!3

◯王手桂香取り!3
著:青葉優一 イラスト:ヤス
電撃文庫

あらすじ
憧れの大橋名人と対局!? 熱い勝負の将棋青春ストーリー、第3弾!
いざ、ペアマッチ将棋大会へ!
想いを寄せる桂香先輩と優勝を目指し練習将棋を重ねる歩。そして迎えた大会当日。思わぬライバルの出現に歩は震撼することになるが――。
そのライバルとの激闘を経て、歩はプロへの道を意識するようになる。プロになるには師匠が必要。ということで、桂香から自分の父、大橋名人を提案される。
歩にとっては憧れの名人、願ったり叶ったりで話は進み、名人と試験対局をすることに!? 大一番に向け、駒娘たちの力を借りて歩はさらなる頑張りをみせる!


王手桂香取り!3


感想
将棋ラノベ第3弾ということで先輩とのペアマッチ、そして将来を見据えた選択。
動きの少ない将棋という題材でここまでドキドキさせられるのかと思うくらい凄い面白い。
対局時の緊迫感と、日常のほんわり感が素晴らしくいいギャップになってる。桂香先輩と歩のデートはホント優しい気持ちになって見れる。歩頑張れ。、と応援したくなる。
駒たちとも仲良くなり、歩には欠かせないものとなる。
歩の成長がすごく感じられる。練習では圧倒的な感じだが、本番になると精神的なところもあるだろうが、不安定になるのも歩むらしくて好き。
将棋はある程度出来るというくらいしか知らないが、それでも楽しめた。
第一部完ということなので、是非にでも第二部もやってほしいものです。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

神なき世界のトーメンター

◯神なき世界のトーメンター
著:仁科裕貴 イラスト:nyoro
電撃文庫

あらすじ
時は中世―王族と貴族が覇権を争う絶対階級のこの世界では、身体に刻まれた烙印によって主従が決まるという残酷な理が存在する。
かつては王の命に従い、卓越した暗殺技で多くの人間を殺めてきた元暗殺者のジグ・アースラントは、表向きには拷問官でありながらも拷問は行わず、罪なき死刑囚を救う優しき日々を送っていた。
だがある日、無実の罪で殺される死刑囚の王女・アリシアを救ったことで彼の運命は大きく変わることに。カムラ・ドルク・アースラント侯爵のもとへと身を隠したジグたちだったが、侯爵の館で起きる奇妙な事件に直面し、王族たちの陰謀へと巻き込まれていくのだった…。
死刑囚の王女と優しき拷問官が怪異を謎解くノーブル・ダークファンタジー!


神なき世界のトーメンター


感想
身分制度によって上位身分に逆らえないというえげつない世界観だが、それがあまり生かされてない気がした。
メアリーが可哀想過ぎてどうにか助けてやって欲しかった。
序盤のアリシアとジグのやり取りはすごい好き。
コンセプトとしては面白いのだが、いきなり事件が大きすぎた気がする。
ミステリーとしてもどうなんだろう? 悪くない気はするが、怪しい奴が怪しいままに犯人という。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

マグダラで眠れ VI

◯マグダラで眠れ VI
著:支倉凍砂 イラスト:鍋島テツヒロ
電撃文庫

あらすじ
異端審問官アブレアの足跡を辿るクースラ達は、天使が降臨し、金銀を生み出す灰を授けたという不思議な伝説の残る町ヤーゾンを訪れた。
町の教会でアブレアの署名を見つけたクースラは、町に語り継がれる伝説が真実であると確信を得る。
さらにクースラは、調査のため立ち寄った薬種商の娘ヘレナから、ガラス職人たちが伝説を紐解く手がかりを握っていると訊き出す。
だが同時に、町を取り巻くガラス職人達と町の間の確執を知ることとなるのだった――。
かつて天使に作られた町で、眠らない錬金術師が恋に奔走するシリーズ第6弾。

マグダラで眠れ VI


感想
他人の恋路に首を突っ込むというクースラらしからぬことになり、クースラも順調に変わってきてるなあと。だが、それでも変わりきれずに周りにはせっつかれる有り様。
今までに比べれば少しののんびりとした話。
髪短くなって耳隠してるフェネシスすげえ可愛い。だが、個人的には惚れ薬とか媚薬とか聞いて焦る未亡人イリーネすごくエロくていいと思います。すごく惹かれます。
安定した出来。空気感とセンスが素晴らしい。

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

かいむ

Author:かいむ
ライトノベルを読むことが生きがいの大学生。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メータ
晦夢さんの読書メーター 晦夢の最近読んだ本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。