FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冴えない彼女の育てかた7

◯冴えない彼女の育てかた7
著:丸戸史明 イラスト:深崎暮人
富士見ファンタジア文庫


あらすじ
あの晴れた春の日、桜舞い散る坂道で「彼女」と出逢ったことで動き出した、俺、安芸倫也の夢―ゲーム作り。
幼なじみの英梨々、憧れの詩羽先輩、従姉妹の美智留を巻き込み、紆余曲折ありながらも冬コミでの同人ゲーム完成まであと僅か…その目前で、俺が全てを台無しにした。
「安芸くんが正しいことをしたと思ってる。でも、許せない」そんな言葉とともに開いてしまった加藤との距離。
仲直りしたはずの英梨々のスランプ。そして、詩羽先輩の卒業。冬コミから変わってしまったサークルの関係に、俺は悩み抜き、ひとつの決断を下す。
そして、また春がやってきて…。

冴えない彼女の育てかた7


感想
やりやがった!
この展開は傑作としか言いようがない。
加藤との関係を修復させて完全に油断していたところにドカンだ。これは持ってかれたな。
第一部完。
今回の加藤すげえ可愛かった。これメインヒロインじゃね?
フラット加藤とのギャップね。いや、俺はフラット加藤大好きだよ。
深崎暮人さんのイラストもすごかったな。上手くイラスト使ってくるな、ほんと。
英梨々がいいところ見せたと思ったら、詩羽先輩が完全に持ってくんだもんな、流石としかw
エピローグ3、4のオチはほんと酷いw

いやぁ、こういう作品が出る限りラノベ読むのはやめられないな。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

蒼井葉留の正しい日本語2

◯蒼井葉留の正しい日本語2
著:竹岡葉月 イラスト:タケオカミホ
富士見ファンタジア文庫

あらすじ
ラノベ作家を夢見て「鳩居寮」へとやって来た久坂縁。彼が出会ったのは、辞書と日本語を愛する少女、蒼井葉留だった。ついに迎えた斎館学園高等部の入学式当日。学園では変人扱いされたくない、と不安がる葉留だが…。
「よし。なら簡単だ葉留。日本語について語らなきゃいい」
「…そ、そんな…なんて…ひどい…」
悲壮な覚悟を胸に入学式に赴く彼女を見送りつつ、自分もオタク仲間を作りたいと意気込む縁。だが、彼の隣席になったクール系美少女・櫛貴六花は大のオタク嫌い!!早速対立する二人だったが、彼女には必死に隠していた「秘密」があり―?


蒼井葉留の正しい日本語2


感想
これで打ち切りはほんと勿体無いわ!
俺関西だががんもどきなんだが。
高校デビューと緊張する縁に葉留。
縁のオタクの仲間の見つけ方がプロすぎるww
葉留が友達できないとしょぼくれる姿可愛い。
六花は何だかんだ可愛いんだが、最初のオタクへの当たりの強さは酷い。
六花はそれでいいのかと思った瑠璃井の処遇。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行

◯武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行
著:赤石赫々 イラスト:bun150
富士見ファンタジア文庫


あらすじ
生まれ落ちて百と余年、世に最強の名を轟かせること叶わぬまま、武術家スラヴァの命は尽きた。しかし、武の道は途絶えることはなかった。スラヴァは「エルフ」として転生したのだ!生まれ変わっても望みは一つ。
スラヴァの視線の先にあるのは“武の頂”のみ!
アカデミーに入学して、恋の予感が芽生えても決して現を抜かすことはない。だが、かつての好敵手の孫娘シェリルと拳を交わすことで、その武者修行は急激に色めき立ちはじめ―!?
転生した世界で出会う未だ知らぬ強者たち!エルフの少年は、ただ純粋に力と技を鍛え、この世で真の“最強”を目指す!


武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行


あらすじ
転生モノとしてテンポ良く早い段階で見せ場があるから書籍化には向いてるなと。
同世界での転生の良さを活かした、スラヴァの前世からの知り合いとの関係。
特にスラヴァとアルマの関係大好き。アルマ可愛いわ、ほんと。
こういう武術特化のバトル特化もいいな。
にしてもこれで学園編終わりだとは、早いな。




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

フォルセス公国戦記 ―黄金の剣姫と鋼の策士―

◯フォルセス公国戦記 ―黄金の剣姫と鋼の策士―
著:至道流星 イラスト:Riv
富士見ファンタジア文庫

あらすじ
皇暦1501年10月、美貌と武勇で知られる公女エリザ・ファウネル率いるフォルセス公国は、絶望的な防戦の準備に追われていた。領土への野心を隠さぬ教皇軍最高司令官チェザーレが、圧倒的な大軍を率いて突然の侵攻をはじめたからだ。
いかに奮戦しようと、多勢に無勢。フォルセスは屈辱の降伏を強いられる。悲壮な覚悟を決めるエリザ。だが、その横に従う彼女の幼馴染みの官吏リノ・バルダートは、ひとり静かに呟いた。
―さあ、ここからが俺の仕事だ、と。
弁舌と機略で、敗北をひっくり返せ!俊英の策士が無双の剣姫を盤上で操り勝利へと導く、本格戦記ファンタジーが開幕!!

フォルセス公国戦記 ―黄金の剣姫と鋼の策士―


感想
至道さんの戦記モノということで、期待しつつも心配していたが、懸念が現実となった。
もっと知略知能戦、政治的や経済的な部分から攻めてくるかと思いきやそうでもない。中途半端に政治的な駆け引きしたりして、しかも主人公がそこまで優秀じゃないからやり込められ、最後にはエリザの武力頼みになる最悪の展開。一人の武力で勝負動かしたらダメだって、そういう方向性じゃないでしょ、と。
大砲のところは良かった。ああいう方面特化でいいのに。
ドロテアは可愛かった。
主人公がもっと知略知能戦出来るタイプなら良かったのにな、この人の作品的に天才が多いのにこれでは皆微妙という。
パラメーターの謎は深まるばかり。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ2

国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ2
著:ツカサ イラスト:ゆーげん
富士見ファンタジア文庫

あらすじ
巨大魔導兵器『虚神』の存在によって、剣と魔法、人と人による戦争が終わりを遂げようとしていた時代。魔法大国フレアリアではアイシス姫の成人式典を控え人々が活気づく中、反体制組織によるテロが勃発する。対虚神用兵器『虚人』スピネルの命主となったエルク・リードは、ミラ・ルビーレッドと共に王宮での大規模テロを防ぐため調査を開始するのだが…。
さらに時を同じくして動き出したアイシス姫との婚約話。国家を揺るがす交渉の場でエルクは姫に驚愕の提案を告げる!
「アイシス姫―俺と共に、今の世界と戦ってくれないか」
世界を殺す力を求める少年の叛逆革命戦記!


国家魔導最終兵器少女アーク・ロウ2


感想
かなり好きな著者かつかなり好みな展開。
主人公とヒロインたちの関係がたまらない。
それぞれ可愛いし、ほとんどが敵だったり、色々とややこしい関係ですごく好き。
フローラエロいな可愛いな。フローラに誘惑されて殺されたいまでである。
世界を壊したいって始まったこの物語だが、世界を壊したい人が多い。ここら辺が中心になって回していくんだろうなと。
最後のエルクカッコいいなああいうの好き。
政略結婚ってエロいよねってことで姫も関わってきて、盛り上がってくる。
あとがきで微妙に続刊心配になる発言があったが、ただ物語が一段落しただけだよね。
次巻も楽しみ。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベル(小説)へ
にほんブログ村

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

かいむ

Author:かいむ
ライトノベルを読むことが生きがいの大学生。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
読書メータ
晦夢さんの読書メーター 晦夢の最近読んだ本
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。